TRAVEL

【新型コロナウイルス】今韓国旅行に行っても大丈夫?【感染したら?】

2020年3月3日

 

「コロナウイルスが流行っているけどすでに韓国旅行の予約をしてしまっているし、キャンセル料金が結構するし、、、もし韓国滞在中にコロナに感染してしまったらどうなるのかな。」

 

そういった疑問に答えます。

 

 

新型肺炎コロナウイルスの感染が世界で拡大するなかで、2日韓国では感染者が新たに476人増えて計4212人に急増しましたね。

 

もちろん今は韓国に限らず、人混みが多い所には行かないのが得策です。

3月2日現在ほど感染者数が増える直前の2月24日から26日に渡韓してきたので、その時のソウルの様子と共にお伝えしようと思います。

 

クリクラ 空間除菌・消臭サービス【ZiACO(ジアコ)】



TVCMでおなじみ「クリクラ」の“新”空間除菌・消臭サービス!【ZiACO(ジアコ)】

 

今韓国旅行に行かない方が良い理由

勿論、コロナに感染してしまう、ウイルスを持ち帰ってきてしまう。というのが一番の理由ですが他にもいくつかあります。

・多くのお店が休業&営業時間を変更している

・急に入国制限が発動されるかも

・イベント中止

・美容整形外科で急にキャンセルされる可能性あり

 

理由その1・多くのお店が休業&営業時間を変更している

これは私も実感したことで、事前に調べてせっかく行ったご飯屋さんが閉まっている。ということが何度か起こりました。
目当てのお店がやっていないと意味ないですよね。なので今は思う通りに観光できないかと思います。

 

理由その2・急に入国制限が発動されるかも

出発前は入国制限がなかったのに到着時には制限が発動されていて、現地で入国できずそのまま帰国するケースや、入国できても一定期間の隔離を余儀なくされる。など可能性としては十分にあります。情報は刻一刻と変化していくため、必ずしも入国できる保証はありません。

 

理由その3・イベント中止

日本でもコンサートやライブなど人がたくさん集まるイベントはどんどん中止になっていますね。韓国も同じでアイドルのライブやサイン会などは中止になっています。

 

理由その4・美容整形外科で急にキャンセルされる可能性あり

外国人観光客の受け入れを一旦停止している美容外科があり、せっかく行ったのに急にキャンセルになってしまう可能性があります。通常通り受け入れてる美容外科もありますが、もしも受け入れた観光客がコロナに感染していた場合、その美容外科は数週間から数カ月は営業停止などになってしまうので、それを避けるためです。

 

ゴーストタウンとまではいきませんが、通常時に比べてかなり人通りが少ない明洞

 

なぜ韓国では感染者が急増したか

みなさんご存知の通り、新興宗教集団「新天地」が大邱で開いた礼拝によって感染者が一気に出ましたね。
その中の女性信者の一人が肺炎の症状があったにも関わらず、検査を2回も拒否し、その女性は頻繁に外出、大人数が集まる礼拝に少なくとも4回は参加。その後、女性の新型コロナウイルス感染が確認され大邱はウイルス流行の中心地となりました。

韓国政府は大邱市を感染症危険情報レベル3の「渡航中止勧告」に指定しました。

 

それともう一つは検査件数が多いのも理由の一つです。
日本での検査件数は一日平均960件に対し、韓国では一日最大約1万5千件検査しています。韓国ではドライブスルー検査所が開設され、通常の室内検査では患者ごとに部屋を消毒する必要がありましたが、この方法であれば一人10分以内に検査を終えることができます。病院で感染者と接触するリスクも避けられます。

 

日本でも同じように検査を行ったら感染者数がもっといそうですね。。。

 

韓国旅行、滞在中に風邪っぽい・発熱などのコロナを疑う症状が出たら?

 

もし韓国滞在中に風邪っぽいなどの症状を感じたら、疾患管理本部の指示に従い病院に行かなければなりません。その際は疾病管理本部コールセンター(1339)に電話をします。
+82[国番号],02-[ソウル地域局番],1339[疾患管理センターの番号]

 

+82-2-1339
(韓国現地の番号は02-1339)

繋がらない場合は

疾患管理本部②の番号822-6908-1346

 

外国人総合案内センターですので日本語対応もしています。
なお日本語での相談は、ソウルグローバルセンター(鍾路区)で受け付けてもらえ、病院にも同行して診察の通訳を行なってくれるそう。

コロナ症状についての相談や病院紹介を受けられます。

 

診察を受けてコロナに感染していた場合は?

 

韓国でコロナに感染した場合、もちろん日本には帰れず韓国内での治療になります。

治療費は国(韓国)が負担

韓国でコロナ感染が確認された場合は、韓国政府が治療費などを全額負担してくれます。

外国人支援施設の西南圏グローバルセンター(永登浦区大林洞)を新型コロナウイルスによる肺炎に関する外国人の相談・届け出窓口とし、
外国人でも新型コロナに感染した場合は治療費が全額無料となり、隔離されている間の生活費の支援を受けられる。
と記載があります。

 

最新の案内は在大韓民国日本大使館のホームページで確認できます。

在大韓民国日本国大使館ホームページ

 

とはいっても海外旅行保険はとても大事なので、ほんの数日だしいいや〜と言わずに必ず入っておくようにしましょう。

ちなみに楽天カードなどや、年会費が無料で持っているだけで海外旅行保険が「自動付帯」になるエポスカードやREXカードを作っておけばかなり便利です。

 

 

ガラガラの韓国からの帰りの飛行機内

 

韓国の新型コロナウイルス対策

 

韓国内では消毒が徹底されていて、人が集まる仁川空港では四六時中消毒が行われていたり、ソウル地下鉄でも全車両を毎日消毒、観光地も消毒、消毒用のアルコールが地下鉄やバスの中、コスメショップの入り口などあらゆる場所に設置してあるので、積極的に利用して行きましょう。

 

マスクの装着率はほぼ100%で、着けてない人を探す方が難しいくらいです。韓国は車社会ではありますが、地下鉄も普段よりかなり空いていて吊り革にみんな触れていませんでした。国民の警戒心は日本より高いかもしれません。

 

普通にマスクが売ってるって本当?

 

はい本当です。

明洞などの観光地、東大門などいろんな場所でマスクが普通に売っていました。
日本よりはかなりマスクが手に入りやすい状況です。

ですが、1枚日本円にして300円、400円くらいの値段で高いです。

日本では今売り切れが多い手指消毒なんかは普通にたくさん売っています。

まとめ

 

どうしても渡韓する必要があるって方は仕方ないかもしれませんが、普通の旅行であれば今は行くのを控えるべきです。せっかく行っても楽しめないのでは意味がありませんよね。
もしどうしても行く必要がある場合はリスクを十分に理解し、マスク着用、手洗いうがい、手指消毒などを徹底して下さい。

 

一刻も早くこの事態が終息を迎え、韓国旅行を安心して楽しめるようになることを願っています。

 

 

-TRAVEL

Copyright© AYKBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.